崩落は防がれた


大口らしい動きが2回あり、ビットコイン価格は若干持ち直しつつあり、ひとまず崩落は防がれた。95万円を超えてくる流れになるなら、仮想通貨に対する失望によるマネーの流出という事態にはなっておらず、日足でもサポートされ、再度上昇していく可能性がある。その上で日本リーマンの夏ボーナスが投入されてくるならば、6~7月にかけて、それなりに底堅い展開も考えられる。今年はマウントゴックス売りとのせめぎあいがあり、上値が重いのもしばらく変わらないだろう。

ただ、ここ半年の動きを見る限り、仮想通貨が今年1月のピークを迎えた頃より投機資金が流入される事態(再バブル)にはもうならないと考えているので、現物は一旦利益確定して撤退したいというのが本音だ。もちろん今多種あるコインに向けられた資金の殆どがビットコイン、イーサリアムなど一部の通貨に戻ってくるなら、その一部通貨だけの最高値更新(ビットコイン300万円など)はありえなくはないが、仮想通貨ギャンブラーはおそらく一攫千金(10~100倍)を狙っているので、草コインがどんどん死滅していく状態じゃない現状、幅広い草コインに資金が分散されてしまう傾向はしばらく変わらないだろう。

下げ相場だったからかもしれないが、最近はビットコイン、イーサリアムなど基軸に近い通貨が買われているようだ。ビットコインキャッシュは材料出尽くしなのか、ハードフォークが期待外れだったのかよくわからないが投げ売りされている、保有しているので残念。今の価格水準が高いか低いかはともかく、個人的には「非中央集権の世界共通通貨」というものに対する一定の需要があるとは思っている。SBIなど大手取引所の参入や、大手機関投資家の参入で、市場の雰囲気がどう変わっていくかに注目したい。




スポンサーサイト

theme : 仮想通貨
genre : 株式・投資・マネー

アロマヨガ






アロマヨガを体験してみた。
もともとアロマは興味があり、アロマデュフューザーを使って、以前からたまに焚いていたが、引越し後は面倒になってやらなくなった。今月のテーマは集中力らしく、ポジティブなローズマリーと、免疫力を高めるためレモンの組み合わせ。普通にヨガをやるだけでもリラックスできるが、アロマが入ると更に心地よくなる。今後もできれば毎月参加したい。家のデュフューザーも再稼働させて、QOLを上げていこうと思う。

theme : ヨガ
genre : ヘルス・ダイエット

モナコインのブロックチェーンが攻撃を受けたらしい


被害額は1000万円程度と推定されているが、モナコインのブロックチェーンが「Block withholding attack」なる攻撃を受けたとのこと。元々懸念されていた攻撃らしいが、実際に攻撃を受けたのは初?PoWのコインは同様の被害を受ける可能性があるため、ビットコインなども今後こういった攻撃の対象となるのかもしれない。モナコインの価格自体はかなり下落しているが、被害額が小さいためか、だいぶ戻したようだ。しかし、信頼性の根幹を崩されたというならば、かなり重大なことなのではないかと思う。

ビットコインの値動きだが、ここから反発すれば、まだ週足ベースで長期上昇トレンドと判断できなくはないが、投機熱だけで価格が決まってるので、かなり苦しい状況だ。私はショートで利益を上げているが、現物ではビットコイン、リップル、ネムは含み損に転換してしまった。おそらく4月の上昇で強気になって投資した人の多くが、含み損を抱えつつある状況かと思う。それで上値が重くなるだけでなく、マウントゴックス売りもあるため、直近の山を越えて、120万円超えというのもなかなか難しそうな局面となっている。

また、仮に仮想通貨市場にマネーが流入してきたとしても、ビットコイン以外のアルトコイン・草コインなどに広くマネーが分散されてしまう。今後も多種多少なコインやトークンが生まれてくるのだから、個々の通貨の上昇はより困難になっていくだろう。日本だと来月のボーナス支給の間に、どれだけの新規マネーが流入してくるかで、また盛り上がりが変わってくるかもしれない。残念だが、今のような動きでは、今後もスイングトレードじゃないと利益がでにくい状況だと判断し、現物は騰がったところで、利益確定、あるいは損切りしたいと考えている。

保有通貨で、10年後もまだ使われてそうなのは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュだが、その頃の価格は希少性から今の10~20倍の投機資産となっているのか、それとも1000~1万円などになっていて、ほとんど値動きが発生しない安定した「通貨」となっているのか、全く予測できない。各国金融引き締めに転じつつあるので、金余り状況は少しずつ解消されていくだろう。このまま下落していくようなら、直近数年は仮想通貨(暗号通貨)に冬の時代が訪れそうだ。




theme : 仮想通貨
genre : 株式・投資・マネー

ラクマが販売手数料0円を終了





楽天のフリマアプリ「ラクマ」が、販売手数料ゼロ円を止め、「3.5%」にあげるようだ。やはり楽天の体力は厳しいということだろうか。販売手数料0円で販売価格を下げやすくなっていても、メルカリやヤフオクに比べると全然売れないのがラクマの特徴だが、これで更に売れなくなるだろう。ただ、もう企業の体力的に、これ以上赤字を垂れ流し続けるわけにもいかず、メルカリの牙城を崩すのは諦めて、少しでも回収して手を引きたいというのが本音かもしれない。

楽天はもともと自前のフリマアプリもやっていたが、それが駄目すぎて、当時フリマアプリ2位の「フリル」を買収したわけだが、今後はメルカリと、フリマ機能を搭載したヤフオクの2強に集約される可能性が高そうだ。競合がいなくなると、販売手数料下落圧力がなくなり、困るのは消費者なので、もっと頑張って欲しかったのだが。

theme : お小遣い稼ぎ
genre : 株式・投資・マネー

ビットコインのチャートは厳しい


通貨によるが、ビットコインは日足でも下落トレンドを示唆するようになってきた。まさにギリギリの攻防という感じで、ここで反発を見せずに90万円を切って暴落した場合は、チャート的にも仮想通貨再バブルの可能性は潰えたと認識したほうがいいかもしれない。ここから強く上昇していくなら、まだ上昇トレンド中の調整と捉えることもできるが、マウントゴックスの売り圧力があることもあり、上値はかなり重いだろう。

現時点で、イーサリアムは下落しているものの、比較的強い値動き。通貨選別の段階なんだと思うが、保持通貨で最近強さを見せているのはイーサリアムのみだ。仮想通貨全体の時価総額はゆっくり減っていく中で、イーサリアムが基軸通貨となっていくのだろうか。

ビットコインキャッシュは叩き売られているが、ハードフォークでアップグレード後、性能が良くなり、かつスマートコントラクトも可能になれば、ビットコインの代替資産としても有望な気はする。NEMはカタパルト実装で一時高騰したようだが、叩き売られている。いくら高機能・多機能でも、世界から資金が集まり、多くのユーザに使われて、明確なユースケースがでてこない限り、今後も厳しいだろう。ということで、NEMは切り捨てモード。時価総額10位以内に入れないようなアルトコインや、多くの草コインはゆっくりとゼロに向かって漸減していくんだろう。

リップルの価値はいまだ測定不可能だが、大型提携の話題があったりと、今後も実需はありそうだ。ただ、今の価格が適正水準かは判断しようがない。最近はマネーが抜けていっている印象だし、毎月のロックアップが価格下落圧力になるのは変わらないだろう。



theme : 仮想通貨
genre : 株式・投資・マネー

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析