内田光子&ハーゲン・クァルテット 2日目


2011.10.29 サントリー・ホール

内田光子 & ハーゲン・クァルテット

[曲目]
====================================
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番
ブラームス:ピアノ五重奏曲
====================================


 久しぶりの演奏会ですが、内田光子さんとハーゲンSQの演奏会を聴きにサントリー・ホールにいって参りました。前半は、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の中でも個人的に一番好きな弦楽四重奏曲の第14番。本当に神が創ったんじゃないかと思えるほど完成されていると感じる名曲ですが、その分とんでもない難曲でしょうから、それをハーゲン・カルテットがどう料理するのか楽しみでした。

 全体的には、思っていたより落ち着いていて、美音や、囁くような小さな表情付けなどが印象に残る演奏でしたが、各パートが掛け合ったり順番に弾くような場面では、最後に落ち着くところ以外は、少し煽る感じで弾いていて面白かったです。去年も少し気になったのですが、ヴィオラは凄く弾けているんですが、バランス的にもう少し音量が出るともっと良かったように感じました。チェロはエンドピンを短めにして、比較的、駒寄りで演奏している演奏でした。駒よりでも、透明な感じというか、まろやかというか、そういう音色で演奏されていて、不思議なもんだなーと思っていました。また、音もすぐに減衰させず、最後まで粘るような弾き方で、そのせいか曲が引き締まって聴こえました。4楽章のチェロの音は特に素晴らしかったです。自分としては、セカンドヴァイオリンの人の演奏が一番気に入りました。丁寧で歌心もあり、出るべきところと引っ込むべきところ、完全にわきまえている感じで、本当に巧いなーと感じました。ボーイングも特になめらかで綺麗だと思いました。ファーストヴァイオリンは、一番難しいことをやっている中、全体の流れをまとめあげて、さすがの貫禄を感じる演奏でしたが、感情を籠めすぎたりする時などに、少し惜しいなと思う部分もありました。個人的に意外だったのは5楽章の演奏で、なかなか落ち着いた演奏で新鮮でした。ハーゲン・カルテットはもっとはっちゃけると思ったのですが・・・。全体としては、やはり完成度の高い演奏で、ハーゲンSQの実力を思い知らされました。これほどの実力のあるカルテットのベト14の演奏を聴けたことは幸せです。


 しかし、やはり今回は後半のブラームス五重奏曲がメイン。内田光子さんのピアノが入ると、サントリーホールの大空間でさえ、室内楽向けのホールかと思わせるほどの、濃厚で充実した響きと、特別な世界を創り上げてくれました。もう曲の長さなんて気にならないぐらい、引き込まれてしまいました。前半だとやはりサントリー・ホールで室内楽はちょっと寂しいし、本領が伝わらないなぁと思っていたのですが・・・。この辺は、さすが内田光子さんという感じで脱帽です。

 去年のツィメルマン&ハーゲン・カルテットの時は、クールなツィメルマンと情熱的なハーゲンという感じの対比が面白かったのあるですが、内田光子&ハーゲンだと、ブラームスへの似た感情を投入している印象を受け、それが曲が進めば進むほど、熟成されて大きなエネルギーのうねりになっていく、そんな感じを受けました。1楽章の最初のチェロ・ヴァイオリン・ピアノという3つの楽器で演奏しつつも孤独さを感じる、そんなゆったりとした旋律の後の、精妙な間をあけて、少しテンポアップしたスピードで情感をこめて電撃の走るような音列を弾く内田さん、もうあの最初の瞬間だけで釘付けで、この人は「全然違う」と思わされましたね。また、カルテットとお互いに歌いあいながらも、巧く調和するのは、あの独特の和音のバランス感覚によるものだと思います。

 1楽章の暗い熱情の後の、2楽章の美しいこと、内田さんの神がかった美音の独壇場というか。カルテットもできるだけピアノの響きと調和するように親指ピチカートを使ったりと、色々な工夫をしていることがみてとれました。3楽章のスケルツォも付点とともに重くなりそうなのに、推進力が失われないし、何より音の多彩さが面白みがあります。ちょっと技術的にはピアノの連打が大変そうでズレが少しありましたが、それも音楽の一部と思わせるぐらい自然な焦燥感を駆り立ててくれました。最後の4楽章、今までの溜まったエネルギーが奔流するような、まとまりを感じさせる演奏で興奮しました。楽章中の静かな部分の中にも、どこか力強さを感じるのです。チェロの旋律もとにかく美しかった。最後の最後は、個人的には少し惜しい感じもしましたが、演奏が終わった瞬間に自然に大拍手になってしまう、そんな熱の伝わってくる演奏でした。




スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

ツィメルマン&ハーゲン弦楽四重奏団


クリスチャン・ツィメルマン & ハーゲン弦楽四重奏団 at サントリー・ホール

[曲目]
バツェヴィチ:ピアノ五重奏曲第1番
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
シューマン:ピアノ五重奏曲 作品44


ツィメルマン&ハーゲン四重奏団の演奏会に行ってまいりました。
弦楽四重奏団の演奏は去年9月のアルカント・カルテット以来でしょうか。
ツィメルマンは6月以来ですね。
なんと、ハーゲン四重奏団は兄弟らしいです。
うぅん、才能がある人たちばかりでびっくりですね。
(一人ぐらい音楽の才能なくてもおかしくなさそうなのに。。。)

■バツェヴィチ:ピアノ五重奏曲第1番
バツェヴィチは1900年代前半のポーランドの作曲家とのこと。ツィメルマンが選曲したんでしょうか?比較的聴きやすい音楽で、3楽章が特に美しい曲でしたね。意外な名曲と出会えて喜ばしい限り。ショスタコ好きなら気に入るのではと思います。

■ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
唯一知っている曲。超名曲ですね。トルストイのクロイツェル・ソナタへの抗議をこめて曲を書いたそうです。知っている曲だけにハーゲン四重奏団の上手さがよくわかりました。結構早いペースで弾いていたと思います。喋っているような音形、激情と冷静が一瞬で変わる変化具合、所々かっちりしてない感じがヤナーチェクらしいなと思いました。3楽章のポンティチェロでギコギコやるところの表現(ずれ方)が素晴らしいと思いました。結構ノンビブラートを使いまわす弾き方をしていて、緊張感でますし音の純度も高まってクロイツェルでは特に効果的な気がしましたね。

■シューマン:ピアノ五重奏曲 作品44
恥ずかしながらこれも初めて聴く曲。シューマンらしく大変聴きやすい曲でした。繰り返しがあるのが冗長な感じも受けますが、ハーゲン四重奏団は同じようなフレーズは違う感じで弾いていたので、そこまでしつこい感じはしませんでしたね。幻想的な雰囲気のところはまさにシューマンならではという感じで、ツィメルマンの和声感覚も活きる曲だったのではと思いました。


終わったら結構ブラヴォーも飛んでましたが、アンコールはなし。ツィメルマンは今回は脇役ですとばかり、後ろに下がってましたね。ツィメルマンは相変わらず自在なペダリングといい、音のバランス感覚といい大変勉強になりました。(かといって真似はできない)

しかし、サントリーホールでの弦楽四重奏はやはり広い空間の中で響きが拡散しすぎるためか、どこかしら目の前で演奏されている感じが薄れてしまう。全員が物凄く大きな音量で弾いているときも、熱狂するほど引き込まれるような感覚には至らない。ソロやデュオだと何故かそんなに気にならないのだけれど。その点弦楽四重奏はトッパンホールや紀尾井ぐらいのサイズは丁度良いように思います。本当はトッパンホールで聴きたかった。。。

あとハーゲン四重奏団は楽器的に不利な面があるとはいえ、ヴィオラの音量が他の楽器に比べて若干物足りなく感じることがありました。あれならヴィオラが手前でチェロが奥でもバランスという点では良かったかもしれません。その点、アルカント四重奏団のヴィオラ奏者タベア・ツィンマーマンは文句なしでしたね。。。


ハーゲン四重奏団によるヤナーチェク弦楽四重奏曲1番 1楽章。演奏はほぼこのまんまでした。うぅむ、ウマイ。


シューマン ピアノ五重奏曲 2楽章
この動画はまたオールスターで。。。
vn:ルノー・カプソン、庄司紗矢香、va:ラーシュ・アネシュ・トムテル、
vc:ミッシャ・マイスキー、pf:エレーヌ・グリモー
グリモーいいね、1/17にリサイタルあるみたいだ、行きたいかも。


ブラームス/モーツァルト:クラリネット五重奏曲

ブラームス/モーツァルト:クラリネット五重奏曲
[クラリネット:ハロルド・ライト&ボストン・チェンバー・プレイヤーズ]


生まれ変わったらクラリネットをやりたい。
・・・そう思わせてくれるほどの名曲。
クラリネット五重奏という形だからこそ、余計映えるのだろうか。
しかし、クラリネットの音色は最高だ。
とりつかれてしまったら、きっとあの世が見えると思う。


脱線したが、哀愁という言葉がぴったりのブラームスのクラリネット五重奏曲。
流石に後期作品ということもあって、自分の人生を振り返りながら書いたのではと思わせる曲だ。
「あの頃は良かったね♪」ではなく、「ああぁぁ、あのときあーしておけば」と、
ひたすらためいきついてそうな感じなのがブラームスらしい。
クラリネットが主役というより、全体でバランスがとれているというか、
いくらか弦楽器よりなところなんかもいかにもブラームスらしいなぁと思う。
一人が突出するのは嫌いだったんじゃねーかな、この人は・・・。

で、一番好きなのは1楽章。
哀愁感抜群だし、クラリネットの良さを最大に引き出していると思う。
クラリネットが歌う旋律は涙なしには聞けないぜ・・・。反復する弦も凄く良い。
何回も聴いていると繰り返される部分が、鬱陶しくなるのかもしれないが、
名曲だからあまり気にならないのと、何度も過去を回想する感じで丁度楽曲と合ってる感じ。
付点のリズムが、ズズー、ズズーっと前に進めない感じというか、
何かをひきずってるように聞こえるのも面白い。
2楽章の美しさも格別だ。クラリネットが暗く動き回る中間部が最高。
クラリネット奏者も自由度が高い見せ場だけに燃えるだろうなぁ。
暗い情熱というか、ほんとにどす黒い怨念かもしれないが、これを表現するのも相当大変だろうが・・・。
あと、最終楽章の終わりのクラリネットが「ぱぽぴぽぱぽぺぽぱぽ」と軽く遊ぶところがお洒落。
はじめのほうのチェロのいかにもお涙ちょうだいな部分は、何があったんだろうと思っちゃうけどね。


モーツァルトのクラリネット五重奏曲。
哀愁感もありつつブラームスに比べて幸福感が幾分増している、曲は本当に素晴らしい。
変幻自在だが全く違和感のない進行に、「最強」の二文字が浮かんでくる。

1楽章が特にクラリネットの良さを引き出していている印象。
やっぱり作曲家は1楽章が俄然燃えるものなのだろうか。
というか、曲の最初の段階でこけたものは作品として発表するわけないか。
ブラームスと違って、さらさらと流れていくところが気持ち良い。
個人的には3楽章の弦の3拍子の上で歌うクラリネットの旋律が大好き。
2楽章もゆったりと美しい楽章で、クラリネットの旋律にかすかに添えられる和音の揺れが心地よい。
ヴァイオリンがクラリネットに呼応するように歌うのも魅力的。
うぅむ、クラリネット協奏曲も聴きたくなった。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじいよ

Author:ふじいよ
ソフトウェアエンジニア・ITコンサルタント・個人投資家・資産運用アドバイザー・チェリスト


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。ジャンルは主にクラシックで、チェロはオーケストラなどでよく弾いてます。他に登山(百名山巡り)・美術館・スパ温泉巡り・ヨガなどが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


専門はIT屋さんですが、長年やっている投資(資産運用)のほうも順調で、7年連続でトータルでマイナスになったことはありません。

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
  1. 無料アクセス解析