明月院





北鎌倉のあじさい寺、明月院へ。もちろん目的は紫陽花鑑賞です。
見頃ということもあってか、雨にも関わらず、なかなかの混雑ぶりでした。北鎌倉駅から徒歩圏内で、明月院周辺はカフェや料理屋などが連なってました。あれだけ人がいると、客入りもいいんでしょう。目当てのあじさいは素晴らしい色合いで、ちょうどよいタイミングだったかもしれません。緑の中にぽつぽつと水色が買った蒼のアクセントが独特の美しさとともに、海と山の自然の対比を連想させます。


スポンサーサイト

theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

ラクマが販売手数料0円を終了





楽天のフリマアプリ「ラクマ」が、販売手数料ゼロ円を止め、「3.5%」にあげるようだ。やはり楽天の体力は厳しいということだろうか。販売手数料0円で販売価格を下げやすくなっていても、メルカリやヤフオクに比べると全然売れないのがラクマの特徴だが、これで更に売れなくなるだろう。ただ、もう企業の体力的に、これ以上赤字を垂れ流し続けるわけにもいかず、メルカリの牙城を崩すのは諦めて、少しでも回収して手を引きたいというのが本音かもしれない。

楽天はもともと自前のフリマアプリもやっていたが、それが駄目すぎて、当時フリマアプリ2位の「フリル」を買収したわけだが、今後はメルカリと、フリマ機能を搭載したヤフオクの2強に集約される可能性が高そうだ。競合がいなくなると、販売手数料下落圧力がなくなり、困るのは消費者なので、もっと頑張って欲しかったのだが。

theme : お小遣い稼ぎ
genre : 株式・投資・マネー

屋久島へ






休暇を取って屋久島へ。
屋久島へは高速船を使って宮之浦港へ。縄文杉、白谷雲水郷をメインに軽く島を観光しました。

縄文杉のトレッキングコースは往復22kmもあり、朝4時半頃宿を出発、帰宅が18時頃になるというなかなかハードなもの。晴天に恵まれていたのと、殆ど平坦なトロッコ道なので、かなり歩きやすかったのが幸いでした。大王杉や縄文杉などはもちろん、長い歳月をかけて形成されてきた屋久島の自然はとても見ごたえがありました。

白谷雲水郷は距離的にはもっとお手軽なトレッキングコースで、中には「もののけ姫」のモデルとなった「苔むす森」などもありました。絶景を拝めるという太鼓岩にも行ってみたかったですが、時間の関係で断念。トレッキングのアクティビティとしては、白谷雲水郷のほうが楽しめるかなと個人的には思いました。

普段は都会のど真ん中で騒音とともに暮らしているわけですが、海も近くて波の音なども心地よく、とても静かに自然の音を堪能して、心身ともにリフレッシュできたように思います。今度行く機会があれば、宮之浦岳に登りたいですね。







theme : 国内旅行
genre : 旅行

広島へ





広島観光へ、一泊二日の短期旅行。
マイルがたまっていたので、新幹線ではなく、広島空港からリムジンバスで市内へのルートを使いました。広島市内について、まずはお好み焼きを食し、それからひろしま美術館、広島城へ。広島城の中は近代的な展示施設となっており、あまり城の中にいる感覚はなし。広島城含め、とにかく外国人観光客目立ちました。夜は尾道らーめん、味は意外にさっぱり系でした。

二日目は縮景園と、宮島へ。縮景園は日本庭園で、まだ桜が一部咲いてました。梅林もあるので春の時期が特に良さそうでした。宮島は日本三景と言われるだけあって、厳島神社周辺の美しさがやはり素晴らしいの一言。もみじ饅頭が有名ですが、揚げ紅葉という挙げた饅頭を食べました。もちろん、定番のあなごめしや牡蠣も食べて、広島名物も一通りは楽しめました。短期でピンポイントにゆったり回る旅行もいいですね。



theme : 国内旅行
genre : 旅行

3.11 東日本大震災から7年


東日本大震災から7年、もうそんなにたったのかと思う。
当時13歳だった子供がもう20歳になっているということだ。あまりに時が過ぎるのが早い。未曽有の津波と、未曽有の原発事故ということで、日本終了の可能性と、未来の不確実性、科学技術の無力さや危険性をつきつけられた災害だった。ただ、あの時ほど日本人の高潔さや忍耐力の高さ、互助・利他精神が発揮された局面もなかったと思う。

私も当時は音楽なんて非常時には何の役にも立たないし、こんな非常時に楽器なんて弾いている場合でもないと思って、一時期は辞めていたが、今はまた普通に楽器を弾いているし、完全に辞めなくて良かった。今から振り返ると、短期的には何も生み出さない音楽も、長期的にはそれなりに被災者の心の支えになってきた部分もあったのではないだろうか。

当時は日本経済含めて大きな打撃を受けて、もはや未来がないように感じられたが、今や空前の長期景気拡大・採用難の時代となり、バブル時代に近い雰囲気も垣間見られ、2020年の東京オリンピックまでは、北朝鮮有事などが発生しなければ、日本はまだ明るい見通しがあるように感じている。

しかし、その後3.11から10年を経過したころから、日本にとって何か良い目標や、明るい見通しが生まれるかはわからない。また、私は2020年までには大きな株式下落・景気後退などが発生すると思っている。少なくとも少子高齢化は一層進むだろうし、経済的・社会的な活力が失われていく日本において、結局のところ最後の支えになるのは、3.11当時被災者が見せたような、コミュニティ精神・利他や助け合いの精神、苦境にあっても耐え忍ぶ力になるのではないだろうか。そう考えると、3.11は大いなる不幸ではあるが、日本にとっては貴重な経験であり、未来を開いていくための大きな源泉でもあるように思う。

私も当時は社会人になって幾何の頃であり、そうとう動揺し、人生観も変えさせられるほどショックな出来事だった。もちろん株式市場の荒い動きにも振り回された。だが、身近なこととして体験できたのは非常に貴重だったと思う。原発事故の際は死ぬことも頭によぎった。私の世代はロスジェネにくくられているようだが、入試時も苦労したし、就職時も苦労したし、社会人になった後もサブプライムローン・リーマンショックなどの大きな景気後退や、東日本大震災などの大きな災害にぶつかり、経済状況も待遇も悪く、また明るい未来もなかなか見通せず、本当に苦労してきた世代だと思う。我々あたりの世代ほど、現在現役の他世代に比べて相対的に損で苦汁をなめてきた世代だと思うが、それだけに今後、何かしら大きな困難が発生した時にも、潰されずに力を発揮できるのではないかと思う。

しかし、2021年以降の日本で成人してくるような若者は、受験や就職は楽勝だろうが、その後、我々よりも経済的・国際政治的にも、もっと困難な時代を生きていく可能性が高い。果たしてその時、彼ら・彼女らは耐えれるのか。そして日本が周辺国の圧力に対抗できていくのかは少し心配だ。




theme : 東日本大震災
genre : 日記

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析