シェアリングエコノミーと非中央集権通貨


モノがあまり、金もあまる。今の日本はそういう状況だと思う。もちろんこれは個人の状況を指すのではなく、社会全体としての話だ。

中央銀行がいくらお金の供給量を増やしても、ETFやREITを購入しても、なかなか物価上昇は加速しない。もちろん生きるために必要な生活必需品に関しては、値上がり傾向がかなり強くなってきている印象だ。ブランドもののような自己を誇示するようなもの以外で、必需品でないモノの価値は、フリマアプリだったり、シェアリングサービスだったりの影響で暴落しているように思える。

現在、必需品で最も金がかかるものが住居費だが、今後日本では人口に対して不動産が供給過剰になるため、海外から投機資金が入ってこない限りは、全体的には不動産や家賃の価格には強い下落圧力がかかるだろう。新築の戸建て・マンションを買うことを捨てて、よりコスパの高い不動産へ住み替えていく選択をするなら、余裕のある生活ができる可能性が高い。

日本においてはマイナス金利などの量的緩和政策の問題でなく、国の借金という意味でもなかなか金利を上げづらい環境にあると思う。ということで、銀行預金というのは今後も資産を増やすという点では選択肢にはなりにくい。今ブームの仮想通貨、多くの通貨は実際の用途から考えると、割高な水準まで買い上げられていると思うが、ブームが去ったとしても、非中央集権的な通貨はデジタルゴールドとして、ある程度の支持を集めるかもしれない。それがどの通貨なのかはわからないが、ビットコインのような欠点がなく、機能的に洗練されていて、持続可能性があり、価値もある程度安定している必要がある。

中央銀行が発行する通貨も、人々からの信用で成り立っている。だから、みんなが役に立たない・必要ないとみなせば、一気に価値は暴落する。現状、私も含めて、多くの人々は一日の大半の時間を中央銀行が発行する通貨を得るためだけに過ごしている。現状、それがないと生きていけないという事実と、それをたくさん持っている・稼いでる人間が優れているとみなされる社会だからだ。

株式会社であれば、株主のために利益の最大化を求められる。利益の最大化とは必要以上にモノやサービスを売り、必要以上に従業員を安く使役することによって得られる。もちろんこのロジックによって社会が便利になってきたことは否定しない。だが、需要以上にモノ・サービスが過剰な段階にきてしまったら、会社の利益の最大化というのは、弊害のほうが大きくなってくるのではないだろうか。経済的格差は拡大しているというということだから、一握りの人間のために、大多数の人間が自由になれず、苦しんでいるのが現状だろう。

だが、これだけ便利な世の中になり、モノは溢れているし、中央銀行の通貨の価値(金利)も毀損していて余っている。特にインターネットに小さいころから接してきてあらゆる情報にアクセスでき、モノに関しては何不自由なく過ごしてきた、若い世代は気づきはじめているのではないか。今までの枠組みや考え方の社会に属する必要はないということに。現状は、中央銀行が発行する通貨に支配されている社会だが、違った経済圏や体制を作って生きるためには、非中央集権的な通貨なり、特定コミュニティ内で通じる通貨なりが必要になってくるかもしれない。



スポンサーサイト

AIに置き換えられない人材とは


少子高齢化と好景気で、既に日本は空前の人手不足に陥りつつあり、企業側も採用コストを考えたら、AI/ロボット(機械)/コンピュータシステムへ投資していく方向にいかざるをえないのではないかと思う。また、世界的潮流としてもAI導入、IoTによる機械等のIT化が進み、今後多くの定型職が失われていく予測となっている。

私自身、特に個人の生活に支障がないのであれば、人間がやるべきだった仕事をAI等が行って、人間がその分空いた時間を、自由に好きなことをできて、より過ごしやすい世界になるのではと思う。しかし、現在の資本主義/貨幣経済、「お金がないとまともに生きていけない」ような状態のままであれば、その生存競争で生き抜くには、AI/ロボット/システムに置き換えられない人材になるしかない。

今の30代ぐらいまでなら、まだ現在の仕組みに乗っかってなんとかなるかもしれないが、20代以下だとかなりこの環境の変化の影響を受けそうだ。色々な情報源で、今後失われる見込みの職業というのはわかると思うが、ざっくりとなら以下のように分類されると考える。

===
(1)AI/ロボット/コンピュータシステムを作る人・指示する人
プログラマ、システムエンジニア、デザイナー、機械工、データサイエンティストなど

(2)AI/ロボット/コンピュータシステムを使う人・メンテナンスする人
経営層(経営者・役員)、プログラマ、オペレータ、保守員、修理工など

(3)AI/ロボット/コンピュータシステムの生産性向上/コスト削減効果を享受する人
投資家、経営層など

(4)AI/ロボット/コンピュータシステムにはできない仕事をする人
アーティスト、クリエイター、マーケター、対人営業、コンサル・アドバイザ、教育者・指導者・コーチ、その他非定型業務従事者、その他感情型業務従事者など

(5)AI/ロボット/コンピュータシステムの基盤を支える人
電気・通信などのインフラ系基盤整備者
===


私自身は現状以下の方向で進んでいるため、方向性としてはわりと良さそうだ。
===
(1)AI/ロボット/コンピュータシステムを作る人・指示する人
→プログラマ、システムエンジニア

(2)AI/ロボット/コンピュータシステムを使う人・メンテナンスする人
→プログラマ、将来的に経営層も選択肢

(3)AI/ロボット/コンピュータシステムの生産性向上/コスト削減効果を享受する人
→投資家、将来的に経営層も選択肢

(4)AI/ロボット/コンピュータシステムにはできない仕事をする人
→アーティスト(チェリスト)、ITコンサル、投資アドバイザ(マネーコンサル)、チェロ指導者、プログラミング講師

(5)AI/ロボット/コンピュータシステムの基盤を支える人
→インフラ系事業を幅広く行っている企業に勤務
===

つい数年前まではグローバル化の時代、スペシャリストしか生き残れないという話もあったが、インターネットで簡単に得られるような知識ベースのスペシャリストはかなり厳しく、「経験や実績」の蓄積が特に必要なスペシャリストじゃないと厳しくなるだろう。また、人材管理や予算管理をやるような類の管理職というのももはや不要になるだろうし、例え管理職といっても、よりプレイングマネージャー的な位置づけになっていくだろう。従来の人事部とか総務部みたいなものは、もはや不要だろう。




宅配クリーニング






宅配クリーニングを試してみた。
さすがにかなりお高めの価格設定なのだが、近場にあるのが白洋舎というお高めのクリーニング店だけなので、さほど価格は変わらず、しかも利便性が高いという宅配クリーニングを利用してみようと思い立った。会員になれば色々安くなるサービスはありそうだが、会員価格もかなり高いので頻繁に出さない自分は二の足を踏む。ただ、やはりいちいち店舗に持ち込んだり、持ち帰ったり、あとは混雑しているときにまったり、店員と細かいやり取りをしなくていいのは、時間が浮くので便利。時間を買うと考えれば、よほど安いクリーニング店が近場にないなら、十分試してみる価値はあると思う。今回はリネットという宅配クリーニングを試してみたが、他にもっと安そうなサービスもありそうなので、色々試してみたい。しかし、本当に便利な時代になったと思う。

貴乃花への処分


まだ確定ではないだろうが、貴乃花親方への降格処分が下されたようだ。

私自身は刑事事件として検察に捜査・真相解明を委ねた貴乃花親方の対応は間違ってなかったと思うし、「組織の論理や調和」より「正義」や「真実」を重視するタイプの人間なので、貴乃花親方のほうを応援したい気持ちではあるし、処分は少々残念な結果だ。とはいっても、相撲協会が組織体である以上、全く協力しなかった貴乃花親方に対し、見せしめの意味も込めて、厳罰に下さざるをえない協会側の論理も理解できる。そうしないと今後の統率や組織の継続に支障がでるからだ。

ただ、今回のような混乱に陥ったのは貴乃花親方のみの責任とは到底思えず、昔からの相撲界・相撲協会の隠ぺい体質・暴力問題等が根本的な問題としてあったから、貴乃花親方も強引とも思える、ああいう行動をとらざるを得なかったとみる方が自然だろう。合理的でない組織に、合理的な方法や意見は通用しない。貴乃花親方ももう少し自身の考えを適宜説明するなりしていれば、もうちょっと違う形の結末になったのかもしれない。ただ、そこは信念の男、言い方が悪いなら頑固で不器用であるから、仕方ないところかもしれない。

処分が下って降格とはいっても、まだ次の理事選への立候補はできるだろうし、仮に支持が集まらず、理事になれなかったとしても、相撲界の腐敗体質を暴いた、それだけでも十分な功績を行ったと思う。強固な組織体では内部告発者や、反体制派は徹底的に組織の論理で叩かれたり、村八分にされるのは、特に日本においては顕著だろう。だが、それを行えるのは勇気があり、強く、信念のある人間だ。貴乃花親方はその道で突き進んで欲しい。1vs1の場で偉大な業績を築いた不屈の貴乃花親方だから、今後も支持者はいるだろうし、十分やっていけるだろう。どうしても理想があるのであれば、新しい相撲界なり相撲団体なりを作っていくしかないのではないか。




theme : 気になったニュース
genre : ニュース

日馬富士が引退






この暴力事件に関して記事を書いてからすぐ、本日、日馬富士が引退というニュースが飛び込んできた。
個人的にはこういう結果でしか収まらないだろうと思っていたが、協会や横審からの勧告や処罰ではなく、本人からの引退届というところは潔いなとは思う。もちろん本人が出したくて出したわけではないだろうが。相撲界の横綱に限らず、大きな評価を受けたり、高い地位を占める人間にはやはりそれなりの責任が伴うものであり、力があれば、実績があれば、横暴やハラスメントが許されるというわけではないだろう。

仮に暴力が礼儀・礼節を教えるためだったとしても、明らかに度が過ぎる行為だった。被害者の貴ノ岩は暴力を受けた点でも大変だが、今後相撲界でやっていくのも、また本人は悪くないにしても間接的にモンゴルの英雄を引退させたということで、モンゴルのコミュニティでやっていくのも大変かもしれない。そう考えると、被害者である貴ノ岩が心身ともに、もっとも救われるような対応が今後は求められているのではないだろうか。


theme : 気になったニュース
genre : ニュース

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
自由と芸術を愛している投資家。より公平で平和な、個々人が能力を発揮でき、かつ持続可能な世界をいかに作っていくか、そういうことを最近はよく考えます。昔はお金を蔑視した低欲望人間でしたが、今はマネーのこと含め多様な知識を身に着け、一般水準以上の生活はできています。そういった知識を普及することで、より皆が幸福・自由になれることにも貢献できたらと思います。

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析