アマゾンを騙る架空請求か


Amazonカスタマーなるものから、いきなりショートメール(SMS)が届いた。
内容は以下。

「会員登録の未納料金が発生しております。本日ご連絡なき場合、法的手続きに移行いたします。Amazonカスタマーセンター0342230198」

どうやって自分の番号を入手したのか、あるいは無作為なのかは不明だが、とりあえず連絡先の電話番号をググってみると、詐欺業者であることは間違いないようだ。皆さんもお気をつけくださいな。




スポンサーサイト

プレミアムフライデー


今年、2月からはじまったプレミアムフライデー。

自身はプレミアムフライデーとは無縁の職場にいるので、その恩恵に預かれてないが、実際のところ消費喚起効果はあるのだろうか。あったとしても、それだけ労働量が減った場合、将来の経済的にはデメリットになるのではないだろうか。消費を進めて金を廻すのが目的であれば、現在、今日本でお金を持っている層は、年金受給しているような老人世代であり、これらの世代がため込んだ金を吐き出させて循環させないことには意味がないのではないか。となると、プレミアムフライデーとして、勤労者の消費喚起効果があったとしても、経済的な恩恵があるのかは少し疑わしく思っている。

上記のように本来の目的については懐疑的ではあるが、もし退勤に強制力を持たせるのであれば、私は固定給(裁量労働)の労働者の身であるので賛成である。そういったところまでやるのであれば、是非とも政策を強く推し進めてほしい。ただ会社がプレミアムフライデーを採用したとしても、その時間を利用して会社のイベントなどには参加したくないし、すべきではないだろう。終身雇用・年功序列など滅私奉公を前提とする制度がほぼ崩壊した今は、労働者のプライベートに干渉する権利も大義名分も会社にはない。

プレミアムフライデーは「余裕があるところだけ、やりたいところだけやってね」だったら、恩恵を受ける人と受けない人がでてきて、不公平感があるのでやめたほうがいいと思う。実際のところ気兼ねなく実施できるのは、税収だけで暮らせる公務員ぐらいなのではなかろうか。消費してもらえれば、消費税として取れるわけだから。

以前、何かのアンケートでプレミアムフライデーで早く帰れたら何をするかで「寝る」とか「自宅でまったり」みたいなのが人気だったので、消費喚起効果はともかく、労働者の心身の健康維持にはよいのかもしれない。それが医療費削減につながるかもしれないというメリットはある。


ネモフィラを堪能




ネモフィラで有名な茨城の国営ひたち海浜公園へ。
ちょうど見ごろでGW、しかも晴天とあって、物凄く混雑してました。しかし、本当に広い公園でした。目的のネモフィラはやはり圧巻のもので、青白が爽やかで、とても美しく、見ているだけでも心が清らかになる感じがしました。他にも色とりどりのチューリップが植えられていたり、なかなか都心ではお目にかかれないような光景を楽しめました。

海浜公園をあとにして、大洗水族館のアクアワールドへ。アクセスがあまりよくないので、タクシーと徒歩という手段でたどり着きましたが、やはりGWということで水族館も大混雑。7Fまであり、なかなか広い建物でした。水族館の設備を公開していたりするのが斬新だったかもしれません。フードコートもかなり充実していて、食べ歩きだけでも楽しめそうだと思いました。







ココナラ


自分のちょっとしたスキルやサービスを売れるサイトにココナラというのがある。
サービスの最低価格が「500円」からと激安なので、どちらかというと購入者優位である。自分もこのサイトでサービスを提供して、実績を積んでエキスパートランクなのだが、どちらかというと稼ぐよりは「ボランティアや自身の腕試し・スキルアップ」の意図のほうが大きい。ただ、最低価格は500円でも、おひねりという追加金額を払ってもらえるシステムもあるので、サービスの提供のやり方では、それなりに大きな額をいただくこともできる。購入者として利用するをお勧めするが、私のようにスキルアップや、ちょっとして低価格での社会貢献のつもりで、サービス提供者になると、それなりに実力もついたり、視野も広がると思う。自身も会社の後ろ盾なしで、他人の役に立てることに気付いて、自分の能力にかなり自信がつき、また同時に完全に自己責任の世界なので実力も大幅に向上したように思う。




theme : サイドビジネス・副業
genre : ビジネス

伊香保温泉


群馬の伊香保温泉へ。
365段の石段沿いの風情ある温泉街と、黄金の湯が名物らしい。泊まったのは何百年と続く老舗旅館だったので更にその雰囲気を楽しめた。射的のお店が何故か多い。名産はこんにゃくや湯の花饅頭のようだ。まだまだ肌寒い天気ではあったが、石段途中には自由に入れる足湯もあり、いつまでも入っていられるほど気持ちいいものだった。

周囲の山々を望める景観が素晴らしい見晴台へも行ったが、ロープウェイではなく伊香保神社から徒歩で向かったものの途中はまだ雪道。距離的にはさほどでないものの、思ったより体力を消耗するものだった。全体的に訪れるなら、紅葉の季節が良さそう。観光旅行では自分として定番の美術館巡り。今回は現代美術などを展示するハラ・ミュージアム・アークへ。かぼちゃで有名な草間彌生の展示物や、フラフープのインスタレーションなどがあった。

他に世界遺産の富岡製糸場も廻ってみた。自分が小学校で観た「あぁ野麦峠」的なイメージを持っていたが、模範工場ということもあり当時としては画期的・先進的な施設だったようで、女工も劣悪な職場環境や、待遇というわけでもなさそうだった。子供の頃の教育は、大人になっても引きずってしまいがちだから、歴史教育などはやはり重要なんだと思う。中国人や韓国人が日本をこれでもかと敵視する所以は、大人になってからの知識や体験よりも、幼少時に教育で植え付けられた知識や感情は簡単には拭いされないことを示している。


最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじいよ

Author:ふじいよ
ソフトウェアエンジニア・ITコンサルタント・個人投資家・資産運用アドバイザー・チェリスト


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。ジャンルは主にクラシックで、チェロはオーケストラなどでよく弾いてます。他に登山(百名山巡り)・美術館・スパ温泉巡り・ヨガなどが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


専門はIT屋さんですが、長年やっている投資(資産運用)のほうも順調で、6、7年連続でトータルでマイナスになったことはありません。

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
  1. 無料アクセス解析