フリマアプリ、クルクルが突然サービス終了




フリマアプリのクルクル(crucru)が「サーバーの復旧目途が立たない」という理由で突然のサービス終了となったらしい。自分は実際に利用していないので、特に被害はないのだが、売上金の振り込みを確認に時間がかかるため「来年の」2018年6月30日までに行うという意味深な内容がHPに書かれている。

メルカリ、ヤフオク、フリルなどフリマアプリは一部アプリだけがユーザを抱え込んでいるようで、ZOZOフリマ含め、あまりの競争の激しさ故か、他は軒並み淘汰されつつある。この状態ではユーザが極端に少ないクルクルがビジネスとして継続できないことは想像に難くない。運営元の株式会社のHPは既にアクセス拒否という状態になっており、売上金を持ったまま逃走あるいは倒産する可能性も危惧される。アプリの売上金はどうか知らないが、振り込みや返済の意志さえ示せば、おそらく詐欺にはならないということなのだろうか。突然のサービス終了はWEBサービスにはつきものにしろ、お金が絡んでいるものは被害が大きい。ユーザとしてやはりある程度規模の大きいアプリを利用するしか自衛手段はないのかもしれない。
スポンサーサイト

ブラック企業リストの公開




先日、厚生労働省がブラック企業リストを公開した。
毎月更新されるようだが、5月時点で334社とのこと。少しは違法労働等の抑止力となりうるかもしれないので、公開は歓迎したい。東京労働局のものを記載すると以下。電通も入っております。

日本ガストロノミー研究所、首都高メンテナンス東東京、優秀塗装、電通、伸光舎、博仙、丸建興業、ヤマトオートワークス、STAR ROCK COMPANY、相川、スカイ物流

神奈川には三菱電機もあったりと、有名企業も散見される。まぁブラックがこんなに少なかったら、これほど話題になるわけないんだから、リスト化されている企業も氷山の一角だろうなと。

売るときのことを考えて買う




最近はメルカリに代表されるフリマアプリによって個人間取引がより容易になり、私もちょくちょく売買するようになったのだが、それで大きく変わったのは以下。

・何か買うときは中古品市場と、その物品やサービスの相場を調べるようになった。
・買う前に、それが将来的に売れそうか、売れそうだったら幾らぐらいで売れそうかを考えるようになった。
・買った後に、将来売る場合を考えて、物を大切に扱うようになった(資産価値が劣化しないように)。
・他のあらゆるサービスでも、コストパフォーマンスが以前より気になるようになった。

不用品を売って稼ぎ、必要品を安く手に入れるだけでなく、上記のように物やサービスの価格にシビアになったと思う。これは資産形成という点では、非常に有益な習慣ではないだろうか。ということで、中古品売買の直接取引は、色々な点で利点が大きくお勧めできる。トラブルの可能性もあるが、よほど変な人に当たらない限りは大丈夫だと思う。なお、フリマアプリにはラクマというものもあるが、運営がバグプログラムを使って、強制退会させる上にサポートもまともに対応しないので絶対お勧めしない。CtoCならお勧めは、メルカリとヤフオクだ。ヤフオクはフリマ機能も最近できて無料で利用できるようになった。ちなみに私のメルカリの招待コードは以下なので、インストール時には是非利用して欲しい。

招待コード:RYUUBQ

昔は定年退職が当たり前だった時代だけれど、これだけ物が余っている日本だし、これからシェアリングエコノミーや、Uberのような個人間のサービス提供が加速すると考えると、今後は30代、40代でリタイアあるいは、フリーランスなどでセミリタイアして、あとは残りの人生を各々好きなように、暮らせる時代になるようになるかもしれない。
(子供がいると難しいかもだが)



theme : サイドビジネス・副業
genre : ビジネス

北朝鮮問題





2月の金正男暗殺から、北朝鮮情勢が急激に動き出している印象だ。
トランプ氏と安倍首相の会談中にミサイル発射するなど、相変わらずの挑発的行為をやってきた金正恩だが、とうとうトランプ氏も我慢ならなくなったようで、艦隊を派遣したり、韓国との合同訓練を行い、特殊部隊を韓国に派遣するなど、いつでも攻撃を仕掛けられると圧力をかけるところまで持ってきた。昨日からは北朝鮮が核実験を行うのか、行う予兆があれば先制攻撃を加えるのかなど、全世界の注目を浴びていたように思うが、少なくとも北朝鮮もそういう無謀な行為に出ることはためらわれたようだ。その辺、まだ合理的な思考はできるらしい。(といっても、本日ミサイル発射しようとしたり、予断は許さない状況だが)

もちろん普通に考えれば、戦争をして北朝鮮がアメリカに勝てるわけもないとは思うが、北にとっては失うものは特に何もないので、「何をしでかすかわからない」「やぶれかぶれの国民総動員の全面戦争に突入しそう」という恐ろしさがある。北朝鮮が先制攻撃されれば、おそらく少なくとも韓国へ砲撃の嵐を降らせるぐらいのことはやるだろうし、日本にも何らかの攻撃をしてくる可能性は高い。しかし、かといって、それを恐れてこのまま野放しにしておけば、今までのように着実に軍事力を拡大し、核実験も行っていくだろうから、更に危険度は増してしまう。

もう各国(特に日本や韓国)が覚悟を決めて、国際社会一丸となって攻撃や、通常兵器を使えなくなる程度の経済制裁を加えて、北朝鮮の核開発を阻止するか、あるいは金体制転覆を図ろうとしなくてはならないのではない時期なのかもしれない。本来は今まで北朝鮮を根強くサポートしてきた中国が、責任を持って処理するべきなんだとは思うが、中国は自国の利益のため、また日米韓への抑止力として北朝鮮を生かさず殺さず利用したいだろうから、表向き北朝鮮に制裁を加えるにしても、確実に壊滅につながるようなところまではやらないだろう。

しかし、韓国ウォンなんかはもう有事を想定したような動きをしているし、長期的に見て韓国経済にとって良い内容もないだろうから、できるだけウォン買には手を出さないほうがいいのではと思う。一時的な反発狙いなら話は別だが・・・。

東芝が延期していた決算を発表




東芝が監査法人の監査結果を待たずに、とうとう決算を発表したようだ。
既に2度延期しており3度目となると、上場廃止の可能性も高まるだろうし、そうでなくても信用をさらに失うことになる。とはいっても、監査の意見なしの無理やりな発表だから、それが正当な決算内容と言ってよいのかはわからない。少なくとも発表した決算は事前予想より純損失は膨らんだようだが5325億という額になると、もはや数百億程度の差が出ても、あまりたいした違いがないように見えてしまうから不思議だ。

しかし、大企業でこれほど株主(投資家)を馬鹿にした株式会社もないというか、普通の感覚で考えれば、これほどステークホルダーに迷惑をかけていて約束も守れないんだから上場廃止どころか、株式会社としての資格なしだろう。不正会計問題から、一気にここまで財務内容が悪化するとは誰が想像できただろうか。

東芝はあとは優良な半導体事業をどれだけ高値で売りさばけるかにかかっているんだろう。3兆円という話もでているようだが、長期的に黒字を出せる見込みなのであれば、もっと価値は大きいのかもしれない。ただ、売らざるをえないから、本来価値より安く買いたたかれる可能性が高い。重要な技術もあるだろうから、国が関与してきて外国企業に渡さないという姿勢も重要だとは思う。ただ、(社員としてはたまったものではないだろうが)シャープの例にあるように、海外の企業のほうが温情とか今までのしがらみとか抜きでドラスティックに改革ができるだろうから、そのほうが株主や企業体そのものとしては良いのかもしれない。とにかく国民(税金 etc)にまで被害を及ぼさないようにしてほしい。

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・個人投資家・資産運用アドバイザー・マネーコンサルタント・チェリスト


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


専門はIT屋さんですが、長年やっている投資(資産運用)のほうも順調で、パッシブインデックス派、安定したリターンを生んでいます。ようやくアーリー・リタイアも可能な水準に。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
  1. 無料アクセス解析