佐川氏の証人喚問


森友・決済文書改ざん問題で、佐川氏が証人喚問に招致された。
詳細な受け答えまでは全部把握していないが、都合の悪いものはことごとく「刑事訴追があるから答えない」というものであった。あれでははっきりいってやる意味がないだろう。自民党の丸川氏の質問が悪いというか、意図的としか思えないが、官邸からのなんらかの指示があったかについてだけは明確にNOと答えたようだ。しかし、これも偽を証明をすることは難しいだろう。

佐川氏が決済文書改ざん問題に関わっている可能性が、限りなく黒でも、現状証人喚問のような問答ではどうしようもない。よほど口を滑らせない限り、事実は闇の中のままだろう。権力層側に敵対した籠池氏は拘留されたが、権力側で日本史に刻まれるかもしれないレベルの犯罪(決済文書改ざん)に関わった可能性が高い佐川氏は、国税庁長官に抜擢かつ、さっさと辞めることで一切の責任をとったということになっている。おそらく退職金も貰えるのだろう。

財務省は日本国政の信頼を根本から失墜するような悪行をやってのけたが、当事者である財務省や理財局はどれほどの責任をとり、痛みを伴っているのだろうか。関係者はもちろんだが、当時の幹部は全員解雇し、拘置所に拘留して二度と国政に関わらせないぐらいしてもいいと思うのだが。財務省・理財局職員が、何のお咎めもなく守られるようでは、本当に日本は恐ろしい国だと思う。




スポンサーサイト

theme : 政治・時事問題
genre : 政治・経済

財務省が森友決済文書の書き換えを認める


財務省が決済文書の書き換え(常識的に考えれば「改ざん」)を認めたようだ。公文書の隠ぺいだけでなく、書き換え(改ざん)だから、法律には詳しくないが、おそらく前代未聞の重大犯罪に値するんだろうと思う。

会社組織など、なんらかの大きな組織に属している人間ならわかると思うが、当該書き換えは「組織や権力者を擁護する」ための証拠隠滅を目的とすることだと推測され、また行為の内容からも一部の数人、特に権限のない担当者レベルの人間だけの忖度や機転だけで行われるような類の内容ではない。嘘の答弁を行い、突如国税庁長官に出世した、佐川氏が指示の最終責任者という形で辞任ということになったが、書き換え内容からしても安倍首相夫人の記載を除外していることから、安倍首相に何らかの追及・責任が発生しないようにという意思が大きく働いていたのは明確だろう。

誰が指示したのか、佐川氏なのか、あるいは官邸の意向が働いたのか。それは不明だし、あまりにも大きな問題なので、今後もわからない可能性が高い。おそらく理財局に全ての汚れ役と責任を押し付けて、お終まいとしたいんだろう。しかし、この森友事件は自殺者まで出ている。おそらく典型的官僚組織にあるような組織の論理が優先され、個人の信条に反する汚れ仕事を担当し、しかも、汚れ仕事の見返り(昇進や栄転)がなく、絶望感と良心の呵責に悩まされ、休職後に命を絶ったと推測する。当時、改ざんに手を染めた人間はもちろん厳重に処罰されるべきだが、それだけでなく少なくとも当時の理財局の上位層も事実を知っている・知っていないに関わらず、全員懲戒解雇以上の厳罰に処されるべき事案といえるかもしれない。

日本の伝統的に所属するものならば、誰でもわかることだが、決して合理的なわけではなし、また法に則っているわけでも、正しいことが認められるという世界ではなく、組織に忠実なものが権限を持つ流れがあり、そしてそういうマインドの伝統・負の連鎖が続いていくというのが日本の伝統的組織だ。これはおそらく戦前から変わっていない、日本的組織の大きな弱点である。最近では東芝の不正会計問題などが、その手の問題の典型だろう。

ともかく今回の件は、法治国家・先進国の日本において、あってはならないことが起きたということだろう。基本的には官僚に責任負わせて終わりというストーリーだと思うが、あまりにも事件性が大きいため、もしかしたら内閣へまで影響が出てくるのかもしれない。しかし、今回の件がうまく収まったとしても、日本組織の硬直性と、日本人の忖度思考が変わらない限り、今後も組織の論理が優先される不祥事が色々な組織の中で発生し、そして多くは隠ぺいされていくだろう。多くの人間が、今回の件を他人事のように扱ってはならないように考える。

また、少なくとも税金を払っている人間にとっては、税金を払う価値のない人間たちに、大金が無駄に投入されているという事実がまた明らかになったということだ。もちろん根本問題の、国有地の安値払い下げもそうだが。そして、残念ながら、国の借金・高齢者増による福祉負担など都合の良い口実を基に、今後、財務省や他官僚、議員等のために、増税されていくことが規制路線となっている事実も我々は認識する必要がある。今回辞任した佐川氏は国税庁長官である。国会で虚偽の答弁を行うなど、税金を払う側に対して、あまりに不誠実な対応をしてきた人間が、税徴収組織のトップに一時的でも立っていたということだ。安倍首相が目指す美しい国ではなく、醜い国になりつつあるのではないか。




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

裁量労働制の対象拡大を法案から削除


裁量労働制の対象拡大を働き方改革法案から削除するとのことだ。
何が何でも国会で通すと思ってたので、一旦こういう冷静な判断がなされたことはいいことだと思う。議論の元となったデータが不適切なデータだったので、当然といえば当然なのだが。

裁量労働制は今の日本の企業でやっても、固定給で長く働かせることを助長させるのは間違いないだろう。経営者・会社側の成績は利益で評価されるので、固定給でできるだけ長く労働者を使える方向に圧力をかけ、権限を行使してくるだろうし、日本人はよく言えば忠誠心が高く真面目、悪く言えば滅私奉公の社畜根性が染みついているので、使役される労働者側も経営者側に忖度して、褒めてもらえるように沢山働くだろう。仮に裁量労働制でさっさと自分の仕事を終わらせて、早く帰ってるような人間が出てきても、使役される同じ労働者側が経営者側と一緒に叩くのも目に見えている。

私自身は、裁量労働自体の考え方は悪くないと思うし、それが仕事としても適正(時間ではなく、アウトプットで評価)だと思うが、今の企業におけるシステムや、人々の考え方・価値観のまま導入してしまうと、政府が想定しているような働き方改革(生産性の向上/多様な人材の活躍)がなされない可能性がある。基本的に一人で裁量を持ってやれる仕事は裁量労働もありだが、チームなど複数人が関わってくる職務は、よほど明確に事前にやる作業や業務量を明確化しない限り、あまり裁量の余地はないといえるだろう。しかし、今のような高付加価値を提供しなければいけない時代に、一人だけでできるような仕事は少ない。また、そういった職場なら、当然チームプレイも成果評価の一部となるだろう。

なので、裁量労働であっても、一日の労働時間の上限を指定したり、それを超えた場合に強い罰則規定を設けるなどの措置が必要になってくるだろう。しかし、そういった制限を導入するのは、非常に難しいとも思うし、使役者以上に労働者側の考え方が変わらないかぎりは、適正には運用されないだろう。大昔から、「お上は絶対」の日本人にはなかなか厳しいかもしれない。




裁量労働について





裁量労働が、一般の時間制労働より短いというデータを捏造・隠ぺいしたなどの疑惑で、最近、厚労省が叩かれているようだ。私も一労働者である身なので、あくまでも私の経験から考えると、もし作業が明確でない、伝統的な日本企業などに勤めていると、裁量労働は長時間労働、少なくとも「みなし残業時間」以上の残業をせざるをえない人が多くなるだろうとは感じる。

ただ、私自身は、裁量労働という労働形態、これについては賛成だ。
どうしても時間制で、長く働ければ働けるほど「稼げる」となると、だらだら長時間仕事したり、無駄な仕事を作ったり、無駄なルールを作ったり、会議を無意味に設定したり、多くの人間の生産性は下がりしてくる。そういう人間がマジョリティを形成すると、長時間残る事が「良い・偉い・真面目」ということになってしまうことを強く実感してきたからだ。

日本企業なんかは若い時は、皆平等で給料は低く、仕事の成果ではなく「どれだけ会社に残っていたか」で給料の額が決まってしまう。極端な言い方をすると、「無能な人間の方が稼げる」という問題がある。そしてそういう仕事のやり方や、スピード感が後々まで影響してくるし、周りにも伝染していく。ようやく働き方改革の流れで、最近は残業しないと手当が出るなど、色々な制度が整ってきてはいるが、既存の労働制に矛盾や非合理性を感じてきたのは、私だけではないだろう。

とはいえ、賛成派の私も旧来型の日本企業で裁量労働をそのまま実施すると、給料は変わらないのに、より長時間労働を誘発する可能性は高いとみる。実際、私は伝統的な日本企業に勤めているが、バブル世代以上の人間なんかは「24時間戦えますか」の旧日本軍を彷彿させる精神熱血単細胞主義で、とにかく会社や上司のいうことは無批判で従い、長く働ければ働くほど良い・優秀・成果をあげているという見方をしがちだ(もちろん全員がそうではないが)。

また、例え生産性をあげて、早く仕事が終わっても、チーム制をとっている場合は、別の仕事が遅れている人間を手伝ったり、他の作業を追加でやらなければならなかったり、何かしら「業務改善」をしなければならなかったりする。そうでなければ会社やチームの一員としては忠誠心や協調性にかけ、不適格とみられてしまう。早く自分の仕事が終わったら帰ったりすると、日本人は集団主義かつ嫉妬深いので、いくら優秀でも叩かれてしまうのは必然だ。日本人特性として、出る杭は打つに決まっている。

つまり、裁量労働を導入する以前に、「マインド」を変えなければならないのだ。問題はそういう組織の権力者は、生産性はさておき、会社のために長く無批判に働き続けてきたような人間が多い可能性が高いということだ。職場全体のマインドが変わらないまま、裁量労働制を導入しても、労働内容は「裁量」にはなりえない。時間管理などの義務化などは指定されるようだが、長時間労働で会社方針に反すると、自身の直近だけでなく、将来の評価にもかかわるから、下っ端の人間はデータ改ざんでも、サビ残でもなんでもする。

そういうことは、企業で勤めたことがないような国会議員だったら、わからないだろう。厚労省の役人はその辺の事情は、おそらく熟知していると思うので、どうしても「裁量労働制のほうが労働時間が短くなる」というデータが欲しかったのだろう。だから、私自身、裁量労働制には生産性向上のためにも、労働者の時間の有効的な使い方になる点でも賛成だが、導入・拡大するにしても、まずは労働者保護の制限をもっとつけるなり、問題があった場合に経営者や企業そのものへの罰則を強化していくなり、しばらくは人間のマインドを変えるだけの試行期間を設けた方がいいのではないかと思う。

外資系企業では勤務していないので実態はわからないが、職務はある程度明確だということだし、時間より「成果」にたいして、給料を払うことを徹底しているということだから、ある意味、裁量労働が向いている点はあるだろう。ただし、外資系企業で裁量労働だからといって、「労働時間が短くて、超高給」なんてことは聞いたことがない。自分の仕事が終わったとしても早く帰っていたら解雇されるだろうし、多くの人間は成果をあげるために、長時間労働するのではないだろうか。

外資系企業はただ成果が給料に反映しやすいということで、裁量労働が生産性向上に繋がりやすいと考える。日本企業は成果は給料に反映しにくいので、非生産的なままの、長時間労働となる可能性があり、つまり生産性向上という目的は解決しない恐れがある。裁量労働を有効に活用するなら、(労働時間は一切加味しない)シビアな成果評価と、担当職務の明確化、労働者保護(健康管理)の制限、どれもセットにして運用しないと、何らかの問題がでてくるとは思う。

theme : 労働問題
genre : 政治・経済

宅配クリーニング、リネット





宅配クリーニングのリネット(lenet)を利用してみた。

プレミアム会員お試しの、初回30%OFFだったので、それほど高くはなくて安心した(といっても一般的なクリーニング屋よりは高いが)。お試しプレミアム会員なので、仕上がりは概ね丁寧だったが、頑固なシミは落とせなかったようで、「白旗的なメッセージつき」でシミが残ったまま返ってきたシャツがあったのは少し残念。おそらく再仕上の依頼をしても無駄だよといいたいんだろう・・・。

月会費/年会費のかかるプレミアム会員の場合、割引後3000円以上なら送料無料。一般会員は10000円以上なら送料無料で、送料は遠方でなければ1800円。送料はかなり強気の値段設定、以前使っていた店ならYシャツ5,6着は出せるほどの価格。もし1、2カ月に1回以上、5点以上大物をクリーニングに出すような人なら、時間も含めたコスパでいえば、プレミアム会員になれば、なかなか良いサービスだと思う。私のように数カ月に1回程度の利用だと、送料等を考えるとやはりかなりの割高感は否めない。

だが、宅配クリーニングが便利なのは間違いない。家にいながらクリーニングに出せるというのは、ものぐさな自分からすると、かなり嬉しい。多少値段が高くても利便性や時短を優先する人には向いているだろう。リネット以外にも、よりコスパが高そうな「リナビス」、安さ重視の「せんたく便」というサービスがあるようだ。もし近くに非常に安いクリーニング屋がない人は、宅配クリーニングの利用は「アリ」だと思った。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析