水上温泉と谷川岳





群馬の水上温泉と百名山の谷川岳へ。
近場の登りやすい百名山はだいたい登ったと思っていたら、谷川岳を逃していました。といっても、あくまでロープウェイを使えばの話で使わない場合は相当大変な山だと思います。登ったのは本日(平日)だったので、結構人も少なめ。天候が気にかかったのですが、なんとか晴れ時々曇りという感じで景色を堪能できました。ところどころ鎖場やら、ロープが張ってある箇所もあり、2時間程度の工程ながらもそれなりに体力は使う印象でした。山頂付近には雪渓もまだ残ってましたね。水上駅からロープウェイへのアクセスも良かったです。前泊で水上温泉の温泉旅館に泊まったのですが、下山後も日帰り入浴を堪能。登山と温泉はだいたいセットになってしまいますね。

スポンサーサイト

開聞岳


鹿児島の指宿近くにある、開聞岳へ。

久しぶりの登山。去年はあまり登山する余裕はなかったので、ひとまず暖かくて登りやすそうな百名山ということで開聞岳を選択。桜島がちょうど噴煙を上げたりして、霧島山も入山規制があるので、鹿児島だとここしか選択がなかったというのもある。天候は晴れているけれど、見通しはいまいち。でも登山日和だったし、登山者も結構いた。とにかく開聞岳周辺はなだらかで海も綺麗だし、地平線が広がっていて、穏やかな気持ちになれる。気候も温暖で、5月でも頂上付近でちょうど良いぐらいだ。

開聞岳は標高は924mと低い山だけれども、登山口からの高低差はそこそこあるので、日頃運動していないと思ったより体力を消耗する。ただ、岩場などあるものの、基本的に迷うな箇所はなく、登山道は整備されているので、やはり初心者向けの山であるのは確か。開聞駅への鉄道は本数限られているので、45分間隔で運航しているバスを利用した。バスを利用すれば、登山帰りにヘルシーランドや、絶景露天風呂のたまて箱温泉などにも入れて便利だ。



月山


2016.07.20

山形の月山へ。
7月末にもなりそうですが、まだ雪渓が残っていました。平日にも関わらず、結構登山者がいましたね。山形駅から高速バスと、町営バスを乗り継いで姥沢のほうから登ったんですが、何故か乗り継ぎがスムーズじゃなくて行きも帰りも待ち時間が結構ありました。月山自体はリフトもあるし、なだらかで登りやすい山でした。信仰の山らしく、山頂には神社がありますが、中に入るには500円払ってお祓いを受けるという取り決めのようでした。一応お祓いを受けて中に入ってみましたが、狭い空間に神社しかなく、展望もないため、展望目当ての登山者は、わざわざ神社に入る必要はないかなと思いました。








両神山


2015.09.25

秩父の両神山へ。
つい先日表登山道である日向大谷登山口付近で土砂崩れが発生したらしく、登山口まで通行禁止という看板がバス停にたてかけられていて、急遽コースを白井差新道コースへ変更。ただ、この白井差コースは個人の私有地なので、事前に入山の連絡が必要ということを調べて知り、失礼ながらも登山当日の朝に連絡をして、事情を話すことでなんとか入山許可を得ました。あいにくのお天気だったということもあり、色々と安全上の注意なども受けたので、登山中は絶対に事故を起こさないように、いつもより集中して登りました。雨だったので、頂上から展望は望めませんでしたが、沢から頂上まで静かな雨の山を堪能できました。登山者も全然いませんでしたねぇ・・・。

白井差コースはかなり整備されている上、登山口から頂上のピストンで約3時間半程度なので、自家用車を持っている人だったら、このコースが一番楽に登れると思います。ただ、登頂した場合は下山した時に、環境維持のために1000円入山料みたいなのを支払う必要があります。代わりに登頂記念バッジが貰えますね。






theme : 山登り
genre : 趣味・実用

鳥海山


2015.08.09~08.11

秋田県と山形県の県境にある鳥海山へ。
ルートは以下。

■行き(湯の台コース)
滝の小屋~河原宿~大雪渓~あざみ坂~七高山~鳥海山山頂(新山)

■帰り(鉾立コース)
御室小屋~七五三掛~八丁坂~御浜~賽の河原~鉾立口

今回は2泊3日で2日山小屋に泊まるという時間的にはかなり余裕のあるスケジュール。一日目は滝の小屋に宿泊、管理人さん達から山から政治まで幅広いお話をできて勉強になりました。行きの湯の台コースは雪渓を通るということで、念のため軽アイゼンを準備していましたが、熟練者からすると不要とのこと。ただ、実際つけてみると、あったほうが安心感が全然違うなと思いました。雪渓を歩くのは初めてでしたが、夏山だとひんやりとし冷気が心地よいですね。新山頂上までの最後の上りは切り立った岩山になっていて、最初ポールをはめながら登ろうとしたのですが、きちんと岩をつかめず、荷物が多いこともあってバランスがとれないし、非常に滑落の危険性が高かったので、途中からポールをしまって登りました。2コースあるうちの難易度の高いほうを登ったので、なかなか大変でしたね。くだりの鉾立コースもちょっとした雪渓はありましたが、全体的には整備もされていて歩きやすいコースでした。初めて登る人は鉾立コースがいいと思います









最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


専門はIT屋さんですが、長年やっている投資(資産運用)のほうも順調で、パッシブインデックス派、安定したリターンを生んでいます。ようやくアーリー・リタイアも可能な水準に。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析