安曇野ちひろ美術館


童画家いわさきちひろの作品を展示している「安曇野ちひろ美術館」へ。
独特の淡い色合いの水彩画と、優しい雰囲気の子供の絵が多く展示されてました。ファンが多いのか、なかなかの混雑ぶり。自分も絵本でお世話になったかは記憶にないですが、いろいろなところ拝見してきたような絵をみれて楽しめました。いいとこ育ちのお嬢様のようでしたが、戦時中・戦後などはなかなか苦労されていたようです。でも、そういう苦しさみたいなのは絵に表さない人だったんですね。近くには、すずむし荘という温泉施設があるので、そこも並行して行くと、より楽しめるのではないかと思います。




スポンサーサイト

ジャコメッティ展


国立新美術館で開催されているジャコメッティ展へ。
平べったくて細長い彫刻が有名なので、その手のものがゴロゴロしているかと思ったら、彫刻だけでなくデッサンなどもあり、また全てが細長いわけでもなく、変遷する作風の一部に過ぎないことがわかりました。ジャコメッティ本人としては、本人が見えるがままに作品に反映するというのが理想だったらしいから、一般的な見方ではない、何か見えないものが見えていたということなのでしょうか。落書きなどをみても、とにかく顔の記載が多いのが印象的でした。しかし、あんな細長いものや、小さい彫刻が、ずっとバランスを保って残っているというのは、やはり相当な腕前がないとできないことなんだろうなと思います。




theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

ベルギー奇想の系譜


bunkamuraで開催されている「ベルギー 奇想の系譜」展へ。
ボスやマグリット、ルーベンスなどの作品が展示されていました。全体的にファンタジックかつグロテスクな内容の絵が多く展示されていました。ゲームなんかもこれらの作品に影響されているものもありそうですね。ヒンデミットの交響曲「画家マティス」の3楽章は「聖アントニウスの試練」という絵がモチーフなのですが、この展覧会でも同じテーマを扱った絵が数多く展示されてました。どうも当時はやっていたようですね。画家の想像力を掻き立てる題材なんでしょうか。




theme : 絵画・美術
genre : 学問・文化・芸術

アルチンボルド展


プレミアムフライデーを利用して、国立西洋美術館で開催されているアルチンボルド展へ。
寄せ絵と呼ばれるもので、動植物や、果物などのものを使って人の顔を表している絵が特徴で、どこかグロテスクながらも、よく練られているせいか美的な要素も感じられる不思議な絵だった。今ですら驚きをもって迎えられてるのだから、当時としては本当に斬新で画期的だったことなんだろうなと思う。

しかし、平日日中にも関わらず、なかなかの混雑ぶり。展示前にプログラムでアルチンボルド風の似顔絵を自動で作成するアトラクションがあったが、かなりの行列だったためスルー。やはり今時はあぁいう体験型のものがSNSにもアップロードできるし受けるんだろうなと思う。休日は凄まじそうだ。



theme : 絵画・美術
genre : 学問・文化・芸術

大エルミタージュ美術館展


大エルミタージュ美術館展~オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち





六本木ヒルズ、森アーツセンターギャラリーで開催されている大エルミタージュ美術館展へ。
メトロポリタン、ルーブルと並んで3大美術館とも言われるエルミタージュ美術館からオールドマスターと言われる、何百年も残る各国の巨匠の作品を集めて展示するという企画。エルミタージュを創設した、エカテリーナ2世の肖像画が最初にお出迎えで、平日は撮影OKとのことでパシャリ。ティッツアーノ、クラーナハ、ルーベンス、ムリーリョなどの作品を展示。スネイデルの「鳥のコンサート」は発想も面白いし、迫力もなかなかのもの。スルバランの「聖母マリアの少女時代」なども印象的だった。



最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


専門はIT屋さんですが、長年やっている投資(資産運用)のほうも順調で、パッシブインデックス派、安定したリターンを生んでいます。ようやくアーリー・リタイアも可能な水準に。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析