エロイカ等終演


ベト3、ウェリントンの勝利、チャイコフスキー1812の演奏会が終演。
結構マニアックなので、あまり一般観客受けはよくない気もするプログラムですが、ウェリントンは細かい演出をして工夫を凝らしていました。多くの人は初めて聴く曲だと思いますが、そういう面で視覚的にも楽しめる内容だったのではないでしょうか。他人事みたいですが、関係者がかなりのエネルギーを割いた企画だと思います。こういうことができるのも、若者ならではですね。演奏内容に関して、全体としての出来やバランスなどよくわかりませんし、個人的にもちょこちょこやらかしてましたが、良いメンバーが長い期間練習しているだけあって、高めのクオリティだったんじゃないかなとは思います。今回で3回目のエロイカで余裕かと思いきや、一筋縄ではいかず。マーラーやリヒャルトみたいな技巧的難しさはないですけど、やっぱり難しいですね。




スポンサーサイト

マニフィカート終演


マニフィカート伴奏の演奏会が終了。
短い曲ながら、合わせるとなるとなかなか難儀する曲。音は単純ながら、変拍子が嫌らしいので、神経使いました。現代曲らしい複雑さもありつつ、メロディーが聴きやすい良い曲ですね。静かなところなど、伴奏しながら「いいなぁ」と思いました。合唱団も、1年かけてじっくり練習されたからできた演奏なんだろうなと思いました。自分も合唱側でいつか歌えたらいいのですが。






カヴァレリア終演


オペラ、カヴァレリア・ルスティカーナ終演。
舞台から下がる感じのピットではなくて、客との距離も近く新鮮でした。間奏曲しか知りませんでしたが、劇的な要素もあって良い曲だなと思いました。もし次やる機会があるにしても、合唱とかで歌ってみたいですね。といっても、演技とかいるんですかね(だったら厳しい)。音は比較的弾きやすくても、合わせるってのは難しいなと感じました。結局、1回しか練習参加できなかったので、今回はちゃんとyoutubeで曲を聴いて勉強しました。それなりの演奏にはなったと思います。




line liveで配信してみた


若者達の間では、ライヴアプリが流行っているそうなので、試しにLine Liveでチェロ練習の様子を少し配信してみた。なんというか、結局無言で練習しているだけなので観衆はちっとも面白くないと思うのだが、珍しいのか少しの時間でちょこちょこ人がきてくれて面白かった。今後も気が向いたら利用しようかなと思います。youtuberとなるにはちょっと技量的に問題ありですが、適当なライヴぐらいならいいかも。






カヴァレリア・ルスティカーナ


来週マスカーニのオペラ、「カヴァレリア・ルスティカーナ」の演奏会が入っている。マスカーニのカヴァレリアといえば、美しい間奏曲が有名で、私も何度かオーケストラで演奏したことがあるのだけれど、オペラでの全曲演奏は初。なかなかドロドロした物語とのことで、そのせいか音楽もなかなか劇的な部分も多い。イタリアらしい明るい雰囲気の箇所もあるのだけれど、物語が進むにつれ悲劇さが増していく。もともと陽気な気性だからか、こういう悲劇的な流れが好まれてたのだろうか?ラ・ボエームなどに比べると、まだチェロは弾きやすめながら、たまにソロの動きがあり、だいたい暗い箇所なので重要な役割を担っているところが悪い。




theme : クラシック
genre : 音楽

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


専門はIT屋さんですが、長年やっている投資(資産運用)のほうも順調で、パッシブインデックス派、安定したリターンを生んでいます。ようやくアーリー・リタイアも可能な水準に。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析