リップル(XRP)、若干見通し下げ


仮想通貨リップル(XRP)ですが、以下の3点を考慮して、短期値上がりは難しいかもしれないと思いました。

1.リップル社がロックアップしているXRPを毎月一定量市場に放出する
→2018/1から発行量の50%ロックアップしていたものを、55カ月かけて放出する見込みとのこと。供給量が増えるため、どうしても価格下落圧力が高まる。

2.リップル社の提案する送金システム(ソリューション)では仮想通貨XRPを使わないもの(xCurrentなど)がある。XRPを使うものであっても、あくまで交換用の仲介通貨という位置づけ

3.すでにSWIFTとよばれるデファクトの国際送金システムがあり、こちらのシステム改善という選択肢もあり、置き換えが容易ではない

ただ、個人間の国際送金だけに用途を限定したとしても、価格的に十分実用性があるとは思うので、今後も草コインのような扱いにはならないと思います。しかし、個人間送金にそれだけのニーズがあるかという点、お互いにXRPと法定通貨の取引所での交換という手間とコストが必要になるという手間を考えると、やはり企業で採用されるなど、大幅な需要増加が見込めなければ、期待値だけの価格上昇は厳しいだろうとは思います。



関連記事
スポンサーサイト

theme : 仮想通貨
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析