仮想通貨の宴がまた始まるのだろうか


相変わらずビットコイン・イーサリアムドミナンスは低下傾向であり、アルト・草コインは押しなべて買われてきている。ビットコインの値動きだとそれほど上昇していないが、仮想通貨全体の時価総額は順調に伸びている。私が投資しているコインも順調だ。チャートから見るとまだちょっと反発したかな程度にしか見えないが、「他の市場では考えられない」ほどの圧倒的な価格上昇率を誇る。リップルは10%程度、ビットコインキャッシュは20%程度、NEMなんかは25%程度高騰している。

投資して1週間も経過しないのにこのパフォーマンス。確かにこれを体験したら熱狂してしまう。というか、「不景気で倒産が危ぶまれると公的資金に助けられ、その後空前の利益を上げ続けても、0.001%程度の利息しかつけず、サービスも低下し続け、更に今後は苦しいので口座維持手数料も徴収したいとか意味不明なことを言う存在意義低下一直線の銀行」にお金を預ける(貸し付ける)ぐらいなら、「未来ありそうな仮想通貨につぎ込んでやる」という気にはなる。そう考えると「投資対象の本質的価値」とかいう思考は一切必要なく、延々ガチホという行動も不思議ではない。現状は、どのコインもその性質によらず値上がりしているわけだから、短期値上がり期待の投機でしかない。長期的に多くの草コインの価格は下落していくという見通しは変わらない。

ビットコインが今月中に100万円も超えてくる流れになるなら、アルトコイン・草コインは、これから30%以上の値上がりをしてくるだろう。株式市場の上昇がもはや最後の段階にきつつあると見込まれる(少なくとも割安とは言い難い)中、最後のフロンティアである仮想通貨市場に世界中の人間の欲望エネルギーが集中し、再度スーパーバブルが発生してくるかもしれない。

ただ、世界の株式市場が暴落するような時に、仮想通貨市場が関係なく急騰するとも思えない。株式市場が安定推移あるいは軟調で、本来であれば株式市場・債権市場・コモディティに投入されるような資金が仮想通貨に流れ込んでくるというストーリーだろう。いずれにせよ世界的金余りの状態が続かなければ仮想通貨再バブルは発生しないとみる。

FRBは既に金融引き締めに転じている。世界的に規制が強化されたり、禁止される国もでてきている中、仮想通貨再バブルの鍵は日銀とECBがどれだけ金融緩和を続けるかと、ファンドなどの大口プレーヤーが仮想通貨市場にどれほど参入してくるかにかかっているんだろう。本来は新興国など、政情不安定な国の国民に使われていくことが想定されていると思うが、現在の市場を高騰させていくほどの大金を持っているとは思えないし、持っていても先の見えない仮想通貨につぎ込んでくるとは到底思えない。銀行口座すら開けない人が仮想通貨ユーザのターゲットといっているのだから。日本は大手企業が続々と仮想通貨取引所ビジネスに参画しつつあり、その点はポジティブ材料と見ていいと考える。



関連記事
スポンサーサイト

theme : 仮想通貨
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析