首都圏の新築マンション販売に陰り


販売価格高騰の影響か、新築マンションの新規供給が鈍っているようだ。
私は不動産の専門家ではないが、人口流入中の首都圏でもバブル超えといわれるほど価格が高騰してしまうと、実需は確実に減っていると思う。相続税対策など、住むのが目的ではなく、節税や運用資産として売れているだけというのが実情ではないだろうか。実際にJ-REITの動きは鈍い。

価格高騰によるローン金利負担の増加、投資用としても利回り低下に空き家リスク、よほどの目利きでない限り、これから不動産投資で収益をあげれる人はごく限られている状況だと思う。買った途端に資産価値の落ちる新築マンションはともかく、中古のほうは人気上昇中のようで、この辺も物件が実需より資産用として購入されている感がある(もちろん新築は買えなくて、という人もいるだろうが)。

私自身、年頃的にはそろそろ持ち家を持っていてもおかしくないぐらいなのだが、まだ賃貸住まいである。正直これだけ価格が高騰していると、住宅ローン金利が低くて、税制優遇があっても手をだすには、生きる上でのリスクが大きすぎる。資産価値がしっかり上がるような家を購入できない限り、住宅ローンを組んだら、その後の人生の選択肢は大幅に狭まってしまう。終身雇用制度が幻想になり、経済的にも先が不透明で、人口減少が見込まれ、空家率が高まっている日本において、住宅ローンを組むということは、多くの人にとってはサラリーマン(奉仕者)として、定年まで働く契約に同意するようなものだ。

例えば、私が今会社を突然クビになったとしても、住宅ローンを組んでいないため、「実家に戻る」という選択をするだけで、今後十年以上職が見つからなくても十分生きていけるという「安心感」がある。もちろんそんな切羽詰まった問題でなくても、会社が嫌になったり落ち目になって、別の会社に転職するような場合でも、その転職先の選択肢も広くなる。もちろん持ち家でも売れれば、束縛されずに、次の行動をとれるが、そう簡単に売れるような代物でもない。賃貸住まいで一つの土地に束縛されないということは、身体的な面での自由だけでなく、金銭的にも余裕ができ、心理的にも自由なのだ。

もちろん賃貸なので、大家が儲けるだけの、それだけのプレミアム料金を払っているのに違いはないが、価格が高騰している近年の物件に比べれば割安でリスクも小さいと感じる。どうしても不動産投資をしたい人は、手数料格安のREITで運用してもらえばいいだけで、自分で大家になる必要はないのだ。ただ、リートももうこれだけ値上がりしてきて、利回りも下がってしまい、投資妙味はなくなってしまったというのはある。それでも世界の不動産価格水準からすると安いらしいが、そういう投機的な水準をあてにすると、いずれ痛い目にみることは確かだろう。




関連記事
スポンサーサイト

theme : 不動産投資
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


専門はIT屋さんですが、長年やっている投資(資産運用)のほうも順調で、パッシブインデックス派、安定したリターンを生んでいます。ようやくアーリー・リタイアも可能な水準に。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析