FC2ブログ

コインチェックの対応は適切か


コインチェックのハッキング問題だけでなく、もっと大きいテザー問題により、今日も仮想通貨市場は冴えない。

テザー問題は黒であれば、「米ドルと等価でもなんでもない通貨」で金を集めて、ビットコインを本質的価値とは無縁のところに意図的に釣り上げていたということになり、その買い支えができなくなる(あるいはドルへの等価交換が困難というのが暴露されれば)というなら、仮想通貨は「永遠に騰がり続ける」という幻想が確実に剥がれ、投機商品としての価値はなくなり、あとは長期的には「仮想通貨」としての本質的価値に近いところまで収束していく可能性が高い。

コインチェックはいまだ出金等できないようだが、出金についての見通しの発表をするというアナウンスは出ている。少しずつ顧客への対応が動きだしてはいるようだ。しかし、このような下落相場で、出金不可・通貨の送金も不可で、資金を完全にロックされてしまうというのは、かなり残酷というか、取引所として本当にやっていいことなのだろうか。コインチェックが顧客資産(JPY)を分別管理しておらず、出金=即時倒産というのであれば話はまだわかるが、「日本円は適切に管理し、保護されている」としつつ、一切出金させないというのは、犯罪行為に近いのではないだろうか。

補償額についても額が額だけに、460億円の補償するだけでも、まだマシなのかもしれないが、補償額の算定がコインチェック側の「一方的な決定」である点は問題だと感じる。普通は会社の財務内容などを明らかにして、もし盗難された時の時価である580億円相当の現預金を持っているのであれば、580億円相当の補償を行うべきではないだろうか。なくても460億円今は補償できるなら、その分は即時に補償し、その後長期間かけて残りの120億円の補償していくというのが最も適切な対応なのではないか。もし仮に、460億円の補償で今回の件が済んだ場合に、今後同様の事件が起きた時に、会社側の「言い値」で補償され、顧客(投資家)が強制的に損失を受け入れなければならなくなる事態を懸念している。
(ただし、コインチェックの件で、顧客側が460億円の補償で泣き寝入りするかは不明だ。被害者の会というのを結成していく動きのようなので、盗まれた当時の時価、あるいはそれ以上の損害賠償を求める裁判を起こすかもしれない)

取引所のセキュリティ問題だけでなく、財務の不透明さなど、事後の対応でも、「顧客や、顧客資産への意識・責任感の欠如」が明らかになってきており、コインチェック経営陣が今後どう責任を取り、顧客資産を保護していくのかが注目される。



関連記事
スポンサーサイト

theme : 仮想通貨
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。

基本は株式投資・為替(FX)などですが、最近は暗号通貨(仮想通貨)トレードにはまっています。仮想通貨は、正直、現状の機能ではさほどメリットもないと個人的に思ってますが、今後、法定通貨による既存の金融システムを打破し、生活の利便性を増していっくれることに期待しています。そういう点では、仮想通貨よりブロックチェーン技術に大きく期待。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析