裁量労働について





裁量労働が、一般の時間制労働より短いというデータを捏造・隠ぺいしたなどの疑惑で、最近、厚労省が叩かれているようだ。私も一労働者である身なので、あくまでも私の経験から考えると、もし作業が明確でない、伝統的な日本企業などに勤めていると、裁量労働は長時間労働、少なくとも「みなし残業時間」以上の残業をせざるをえない人が多くなるだろうとは感じる。

ただ、私自身は、裁量労働という労働形態、これについては賛成だ。
どうしても時間制で、長く働ければ働けるほど「稼げる」となると、だらだら長時間仕事したり、無駄な仕事を作ったり、無駄なルールを作ったり、会議を無意味に設定したり、多くの人間の生産性は下がりしてくる。そういう人間がマジョリティを形成すると、長時間残る事が「良い・偉い・真面目」ということになってしまうことを強く実感してきたからだ。

日本企業なんかは若い時は、皆平等で給料は低く、仕事の成果ではなく「どれだけ会社に残っていたか」で給料の額が決まってしまう。極端な言い方をすると、「無能な人間の方が稼げる」という問題がある。そしてそういう仕事のやり方や、スピード感が後々まで影響してくるし、周りにも伝染していく。ようやく働き方改革の流れで、最近は残業しないと手当が出るなど、色々な制度が整ってきてはいるが、既存の労働制に矛盾や非合理性を感じてきたのは、私だけではないだろう。

とはいえ、賛成派の私も旧来型の日本企業で裁量労働をそのまま実施すると、給料は変わらないのに、より長時間労働を誘発する可能性は高いとみる。実際、私は伝統的な日本企業に勤めているが、バブル世代以上の人間なんかは「24時間戦えますか」の旧日本軍を彷彿させる精神熱血単細胞主義で、とにかく会社や上司のいうことは無批判で従い、長く働ければ働くほど良い・優秀・成果をあげているという見方をしがちだ(もちろん全員がそうではないが)。

また、例え生産性をあげて、早く仕事が終わっても、チーム制をとっている場合は、別の仕事が遅れている人間を手伝ったり、他の作業を追加でやらなければならなかったり、何かしら「業務改善」をしなければならなかったりする。そうでなければ会社やチームの一員としては忠誠心や協調性にかけ、不適格とみられてしまう。早く自分の仕事が終わったら帰ったりすると、日本人は集団主義かつ嫉妬深いので、いくら優秀でも叩かれてしまうのは必然だ。日本人特性として、出る杭は打つに決まっている。

つまり、裁量労働を導入する以前に、「マインド」を変えなければならないのだ。問題はそういう組織の権力者は、生産性はさておき、会社のために長く無批判に働き続けてきたような人間が多い可能性が高いということだ。職場全体のマインドが変わらないまま、裁量労働制を導入しても、労働内容は「裁量」にはなりえない。時間管理などの義務化などは指定されるようだが、長時間労働で会社方針に反すると、自身の直近だけでなく、将来の評価にもかかわるから、下っ端の人間はデータ改ざんでも、サビ残でもなんでもする。

そういうことは、企業で勤めたことがないような国会議員だったら、わからないだろう。厚労省の役人はその辺の事情は、おそらく熟知していると思うので、どうしても「裁量労働制のほうが労働時間が短くなる」というデータが欲しかったのだろう。だから、私自身、裁量労働制には生産性向上のためにも、労働者の時間の有効的な使い方になる点でも賛成だが、導入・拡大するにしても、まずは労働者保護の制限をもっとつけるなり、問題があった場合に経営者や企業そのものへの罰則を強化していくなり、しばらくは人間のマインドを変えるだけの試行期間を設けた方がいいのではないかと思う。

外資系企業では勤務していないので実態はわからないが、職務はある程度明確だということだし、時間より「成果」にたいして、給料を払うことを徹底しているということだから、ある意味、裁量労働が向いている点はあるだろう。ただし、外資系企業で裁量労働だからといって、「労働時間が短くて、超高給」なんてことは聞いたことがない。自分の仕事が終わったとしても早く帰っていたら解雇されるだろうし、多くの人間は成果をあげるために、長時間労働するのではないだろうか。

外資系企業はただ成果が給料に反映しやすいということで、裁量労働が生産性向上に繋がりやすいと考える。日本企業は成果は給料に反映しにくいので、非生産的なままの、長時間労働となる可能性があり、つまり生産性向上という目的は解決しない恐れがある。裁量労働を有効に活用するなら、(労働時間は一切加味しない)シビアな成果評価と、担当職務の明確化、労働者保護(健康管理)の制限、どれもセットにして運用しないと、何らかの問題がでてくるとは思う。

関連記事
スポンサーサイト

theme : 労働問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析