裁量労働制の対象拡大を法案から削除


裁量労働制の対象拡大を働き方改革法案から削除するとのことだ。
何が何でも国会で通すと思ってたので、一旦こういう冷静な判断がなされたことはいいことだと思う。議論の元となったデータが不適切なデータだったので、当然といえば当然なのだが。

裁量労働制は今の日本の企業でやっても、固定給で長く働かせることを助長させるのは間違いないだろう。経営者・会社側の成績は利益で評価されるので、固定給でできるだけ長く労働者を使える方向に圧力をかけ、権限を行使してくるだろうし、日本人はよく言えば忠誠心が高く真面目、悪く言えば滅私奉公の社畜根性が染みついているので、使役される労働者側も経営者側に忖度して、褒めてもらえるように沢山働くだろう。仮に裁量労働制でさっさと自分の仕事を終わらせて、早く帰ってるような人間が出てきても、使役される同じ労働者側が経営者側と一緒に叩くのも目に見えている。

私自身は、裁量労働自体の考え方は悪くないと思うし、それが仕事としても適正(時間ではなく、アウトプットで評価)だと思うが、今の企業におけるシステムや、人々の考え方・価値観のまま導入してしまうと、政府が想定しているような働き方改革(生産性の向上/多様な人材の活躍)がなされない可能性がある。基本的に一人で裁量を持ってやれる仕事は裁量労働もありだが、チームなど複数人が関わってくる職務は、よほど明確に事前にやる作業や業務量を明確化しない限り、あまり裁量の余地はないといえるだろう。しかし、今のような高付加価値を提供しなければいけない時代に、一人だけでできるような仕事は少ない。また、そういった職場なら、当然チームプレイも成果評価の一部となるだろう。

なので、裁量労働であっても、一日の労働時間の上限を指定したり、それを超えた場合に強い罰則規定を設けるなどの措置が必要になってくるだろう。しかし、そういった制限を導入するのは、非常に難しいとも思うし、使役者以上に労働者側の考え方が変わらないかぎりは、適正には運用されないだろう。大昔から、「お上は絶対」の日本人にはなかなか厳しいかもしれない。




関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析