ツァラトゥストラはこう言った



ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)

ニーチェのツァラトゥストラを読んだ。
超人を理想とし、若干線民思想的で、暴言的な内容もあり、かつ言っていることも非常に難解。しかし、さすがに今の時代まで残っているだけあって、色々と含蓄のある言葉も多い。最大のテーマは永遠回帰ということであり、非宗教的な点は、日本における日本人の仏教信仰(ただし無神論)に近いのではないだろうか。利他的なことより、まず自分を愛することを重視し、人間とは自分の子供と、仕事だけを愛するとか、納得させられるものもある。このニーチェの作品自体が、ニーチェが創り出した子供・創造物であり、作者が望む通り、少なくとも今の時代まで永遠性・普遍性を持って読み継がれている。謎も多く、理解するところまではいかないけれど、名著だとは思う。

クラシック音楽でツァラトゥストラというと、R.シュトラウスの交響詩が有名であり、これまた名曲かつ大作。ただ、弾くのはとても難しい曲ですね。チェロもソロがあり、6パートに分かれたりしており、全員が上手じゃないと形にならないという。果たしてもう一度取り組み機会があるかどうか。



関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書
genre : 小説・文学

comment

Secret

最近の記事
カテゴリー
プロフィール

ふじよん

Author:ふじよん
シンプルな生活を目指したいですね

ソフトウェアエンジニア(プログラマ)・ITコンサルタント・SE・個人投資家・資産運用アドバイザ・マネーコンサルタント・チェリスト・LineLiver・WEBライター・陸マイラー etc


音楽が主な趣味で、楽器はチェロとピアノを弾きます。チェロはオーケストラなどでエキストラ(賛助)としてよく弾いてます。チェロは不定期ですが指導も。他に登山(百名山登山)・美術館巡り・スパ温泉巡り・ヨガ・合唱などが近年のマイブーム。いろいろ手広くやってる自由人です。


プログラム依頼・IT/マネーコンサルタント業務・チェロレッスン・エキストラ依頼など、お仕事の依頼があれば以下まで。受けられるかは内容次第です。

aroniavc*gmail.com (*は@に変換)

プログラム開発や、資産運用相談など、いろいろなプラットフォーム上でも行っています。

FC2カウンター
ブログ内検索
Follow Me

Instagram
リンク
  1. 無料アクセス解析